こちらアルビオン白神研究所!

PHOTO DIARY

フォトダイアリー

photo

白神研究所付近にサクラが咲いています。厳しい冬を越えた喜びを表しているようです。

photo

雪解けと共に、麓からは「駒」の形が見えてきました。本格的な農作業の始まりを告げています!

photo

ヨーロッパ系ブドウの苗定植を行いました。これからずっと、この土地に根付いてくれるように1本ずつ丁寧に植えました。4年後の収穫が楽しみです。

photo

コマチソウの種まきを行いました。種が小さく、播くのにひと苦労でした。ピンク色のきれいな花が待ち遠しいです。 

photo

白神ファームへと続く道でミズバショウが咲きはじめてきました。昨年より少し早い春の訪れを感じます。 

photo

ヤマソービニオンの剪定した枝の誘引作業を行いました。効率的に収穫できるように、ブドウを定位置に実らせることを意識しています。 

photo

ゼニアオイの間引きを行いました。 種まきから2週間、たくさん生えた新芽の中から生命力が強いものを残しました。

photo

種まきも中盤に差し掛かってきました。今回播いたのはウイキョウです。

photo

秋田県藤里町は雪がすっかり解けて春の陽気が続いています。白神研究所ではブドウ幼木の冬囲いを外し始めました。

photo

ヤマソービニオンの剪定が始まりました。今後、どう育てたいかを考えながら、枝を切ります。

photo

3月も終盤ですが、植物の播種が続々と行われています。今回はカミツレの播種を行いました。

photo

清水岱研究棟周辺に訪れていたハクチョウやガンが、さらなるエサを求めて飛び去って行きました。さらば渡り鳥たち…!!

Top